情報表現学科
音響・映像・照明コース

専門的な知識を組み合わせる創造力や技術力を修得

プロの制作現場を再現した環境でスキルを磨く

実践的な番組・イベント制作でノウハウを学べる

詳細

音響、映像、照明に関する知識や技術を専門的に修得することはもちろん、これらを組み合わせた作品を制作していく創造力や技術力を養います。また、映像スタジオ、録音スタジオ、プロ仕様の機材などを用いた演習により、現場で求められる実践力を修得。他コースとのコラボレーションによる制作を通してノウハウの吸収を図ります。

科目ピックアップ

コンサートSR

パストラルホールを使用し、実際にライブコンサートを企画制作しながら、音響はもちろん、照明、企画、広報などのスキルを実践的に修得していきます。

スタジオ番組制作

映像スタジオやプロ用の撮影・録音機材を用いた環境で、作品の演出及び技術について修得します。

イベント照明プランニング

照明に関する知識や基本的なライティングを学ぶなかで、機材の種類、役割、演出表現を理解します。

目指す進路

目指す仕事
●コンサートPA ●サウンドエンジニア ●ミキサー ●映像ディレクター ●映像カメラスタッフ ●映像編集者 ●照明スタッフ ●ラジオ・TV 放送技術者 ●TVディレクター ●TVカメラマン ●高校教員
取得を推奨する資格
●舞台機構調整技能士2 級・3 級 ●映像音響処理技術者認定試験(ポスプロ検定) ●高等学校教諭一種免許状【情報】 ●ITパスポート試験
卒業生の就職先
卒業生の就職先はこちら
情報表現学科が体験できる
オープンキャンパスに行こう!