大学紹介 学びのシステム

大学生活をどう過ごすかによって、将来の夢を実現できるかどうかが決まります。尚美学園大学では学生一人ひとりが夢に向かって大きく前進できるように、カリキュラムを工夫し、学生の学びを応援しています。

セメスター制

1年間を春学期(4〜9月)と秋学期(10〜3月)にわけ、学期ごとに単位認定と時間割の組み換えができるセメスター制を採用しています。履修の自由度が高まるため、一人ひとりの個性に合わせて学ぶことができ、短期間で効率よく学習できます。

GPA

GPA(Grade Point Average)とは、科目ごとの成績評価に単位数を乗じ、全科目の単位数で割った数値。学力の総合的な評価に適しているので、現在欧米を中心にスタンダードな評価となりつつあります。学生自身が学習成果を確かめやすく、学習意欲が高まり、計画的な履修が行いやすくなります。

アドバイザー制度

学生一人ひとりに専任教員がつき、履修状況や個性、将来の夢などを把握したうえで、学校生活や学業の進み具合、進路などをマンツーマンでアドバイスします。GPAで示された客観的な成績と夢の実現に向けた履修プランを立て、その学生の能力を最大限に活かせる有意義な学生生活が送れるようにサポートします。

インターンシップ

すべての学科でインターンシップを積極的に採用しています。企業のなかで仕事を実体験しながらビジネスを学べるので、講義だけでは分かりにくい会社の仕組みや、ビジネス現場ならではの問題や解決法などを、身をもって知ることができます。卒業後、即戦力として活躍するために役立ちます。

学部をこえた柔軟な履修

大学では学部・学科ごとに、必修科目と選択科目の単位数が定められています。本学では選択科目の一部として「学部間自由選択科目」の履修が認められており、その科目は卒業要件単位に加えられます。選択科目で他学部の科目を学ぶことでよい刺激を受け、学習への興味や知識を広げることができます。