尚美学園大学 SHOBI UNIVERSITY
スポーツマネジメント学科

スポーツマネジメント学科2020年4月開設

「スポーツマネジメント」を学ぶ魅力とは

スポーツは、競技を自ら楽しむことだけではありません。人々に希望を与える。日々の生活を豊かにする。ビジネスを通じて社会に貢献する。スポーツのもつ価値や影響力は、あなたが想像する以上に大きいといえます。つまり、運動能力ができる・できないではなく、好きという強い気持ちさえあれば、スポーツに自分らしく関わりながら活躍できる仕事や場面が無数に広がっています。そこで、私たち尚美学園大学はスポーツマネジメント学部を新設します[2020年4月開設]。マネジメントとは、物事を管理することに留まらず、新しい価値を創造・発信・定着させること。スポーツマネジメント学部の大きな特長は、あらゆる視点からスポーツを学べる学習領域の幅広さにあります。「ビジネス・産業」と「健康・科学」という2つの領域があり、その先にはさらに様々なスポーツ関連のテーマが広がっています。

スポーツマネジメント学科の特長的な学び[Focus]

Focus 01スポーツマネジメント体験型プログラム

スポーツビジネスの最前線で
実践的にスキルを磨く

【スポーツマネジメント実習】

社会人として求められる基本的な知識やマナーを習得したのち、スポーツ関連企業、行政機関、非営利団体などの現場に足を運び、就業体験を行います。こうしたインターンシップを通して、大学で学ぶ講義の内容が現場でどのように活用されているかを確認できます。また、自己の職業適性やキャリアデザインを考えるきっかけになるだけでなく、実社会で求められるスキルを実践的に磨くことも可能です。

プロデューサーに必要な
知識やノウハウを習得

【スポーツイベント演習】

スポーツイベントをプロデュースし、実際に開催していくためには、様々なジャンルの幅広い知識が必要となります。特に、各分野のスペシャリストを統括し、リードしていくためには豊富な知識が欠かせません。この授業では、優れたスポーツイベントを運営するノウハウを習得していくことを通して、プロデューサーに必要な知識を基礎から専門へ、段階的に身につけていくことができます。

スポーツの現場を
実際に研究することで課題を解明

【スポーツマーケティング演習】

様々なスポーツをビジネスの視点でとらえ、その現状と現代的な課題を検討していきます。具体的には、Jリーグに代表されるプロスポーツクラブ(チーム)を例に、その運営をいかに進めていくべきか、文献を用いて検討していくだけでなく、ディスカッション、さらにはフィールドワークを通して明らかにしていきます。また、プロスポーツにおけるスポーツマーケティングについても、その実情を考察しながら総合的に学習していきます。

Focus 02教職課程(保健体育)

2 年次からのスタートで
教職免許の取得をサポート

教員免許を取得するためには、より早い段階から準備を進め、学習への意識を高めていくことが重要となります。そこで本学では、様々な講義や実技を通して中学校・高校における保健体育科教育の基本について学んでいく、保健体育科教育法に関する履修を、2年次からスタートさせます。

幅広い知識を身につけながら
自分の専門性を高められる

スポーツ指導法などの履修を通して、様々なスポーツ競技に関する知識や指導力を幅広く身につけることができます。また、自らが得意とするスポーツ競技については、座学だけでなく、実践的な内容でその専門性をさらに高めていくことができます。

様々な教科の教員を目指す
学生同士で切磋琢磨できる

保健体育だけでなく、他の教科の教員を目指す学生たちが一堂に会して学びを深めていく教職実践演習を設置しているのも特長です。学生間で様々な情報交換ができ、互いにモチベーションを高め合いながら教員免許取得を目指すことができます。

教員に求められる指導力を実践的な模擬授業で養う

保健体育科教育法と教育実習指導の授業では、模擬授業をくり返し実施し、指導力を実践的に高めます。その指導力は、企業に就職する際や、本学で取得可能なジュニアスポーツ指導員、サッカーC級コーチとして指導にあたる際にも有利に働きます。

※ 教職課程認定申請中

6つのテーマ[Theme]