尚美学園大学 SHOBI UNIVERSITY
尚美学園大学 公式twitter
音楽表現学科・声楽専攻

声楽専攻

音楽表現学科・声楽専攻

声楽を学ぶことは人間そのものを磨くこと
鋭い感性とプロとしての表現方法を修得

本専攻は、学生一人ひとりの個性や方向性に合わせて履修することのできる、バラエティに富んだカリキュラムで構成されています。

レッスンは教員と学生が1対1で行うマンツーマン指導で行われるため、高いモチベーションを維持しながら学ぶことができます。

また、声楽専攻では技術だけでなく、声楽にたいする心構えや社会人としての素養を身につけながら、芸術感覚や表現力を磨き、一流の声楽家を目指します。

科目ピックアップ

音楽表現学科・声楽専攻・科目ピックアップ

総合演習

イタリア、ドイツ、日本民謡、オペラで学んだ重唱など様々な楽曲の中から選曲し、個性的な演奏会を企画してコンサート形式の実習を行います。

音楽表現学科・声楽専攻・科目ピックアップ

特別舞台演習

1年間の集大成として行われる学生公演で、オペラのオリジナル作品などを尚美パストラルホールで上演します。

音楽表現学科・声楽専攻・科目ピックアップ

音楽美学

オペラの名作などを題材に、作品に込められたメッセージについて考え、演じる際の表現力を高めます。

学びの特長

コミュニケーションを重視した教員との
マンツーマン指導で、学生の個性を引き出す

声を自由に操る基礎となる腹式呼吸を体得することに始まり、コミュニケーションを重視したマンツーマン指導で、学生の個性を引き出す個人レッスンを展開します。さらに、教員のアドバイスのもと自分への問いかけを行い、将来の目標を発見していきます。また、演技、ボディテクニック、衣裳、発声、朗読、アンサンブル、楽曲分析など、表現と知識の宝庫であるオペラをテキストに4年間を通して学び、豊かな教養を備えた表現のスペシャリストを目指します。声楽専攻では自由で美しく、表現力豊かな声を使いこなせる、声の表現のプロを養成していきます。

カリキュラム

履修モデルケース

学科専門科目 1年次 2年次 3年次 4年次
声楽家・ヴォイストレーナー
を目指す人
  • 専攻実技Ⅰ,Ⅱ
  • 基礎演習A
    (イタリア古典歌曲)
  • 基礎演習B
    (イタリア近代歌曲)
  • 副科ピアノⅠ,Ⅱ
  • ソルフェージュⅠ,Ⅱ
  • 音声生理学
  • ダンス演習Ⅰ,Ⅱ
  • 合唱Ⅰ,Ⅱ
  • 専攻実技Ⅲ,Ⅳ
  • 基礎演習C(ドイツ歌曲)
  • 基礎演習D(ドイツ歌曲)
  • 室内合唱Ⅰ,Ⅱ(合唱指導)
  • 総合演習A,B
  • 副科ピアノⅢ,Ⅳ
  • 伴奏法Ⅰ,Ⅱ
  • ダンス演習Ⅲ,Ⅳ
  • 専攻実技Ⅶ,Ⅷ
  • 卒業演奏
  • 音楽企画概論
  • 特別舞台演習
合唱指導者・教員
を目指す人
  • 専攻実技Ⅰ,Ⅱ
  • 基礎演習A
    (イタリア古典歌曲)
  • 基礎演習B
    (イタリア近代歌曲)
  • 副科ピアノⅠ,Ⅱ
  • ソルフェージュⅠ,Ⅱ
  • 音声生理学
  • ダンス演習Ⅰ,Ⅱ
  • 合唱Ⅰ,Ⅱ
  • 専攻実技Ⅲ,Ⅳ
  • 基礎演習C(ドイツ歌曲)
  • 基礎演習D(ドイツ歌曲)
  • 室内合唱Ⅰ,Ⅱ(合唱指導)
  • 総合演習A,B
  • 副科ピアノⅢ,Ⅳ
  • 伴奏法Ⅰ,Ⅱ
  • 作品分析Ⅰ,Ⅱ
  • 専攻実技Ⅶ,Ⅷ
  • 卒業演奏
  • 音楽企画概論
  • 指揮法Ⅰ,Ⅱ
  • 副科ピアノⅤ,Ⅵ
  • 特別舞台演習
音楽系/一般企業人
を目指す人
  • 専攻実技Ⅰ,Ⅱ
  • 基礎演習A
    (イタリア古典歌曲)
  • 基礎演習B
    (イタリア近代歌曲)
  • 副科ピアノⅠ,Ⅱ
  • ソルフェージュⅠ,Ⅱ
  • 音声生理学
  • ダンス演習Ⅰ,Ⅱ
  • 合唱Ⅰ,Ⅱ
  • 専攻実技Ⅲ,Ⅳ
  • 基礎演習C(ドイツ歌曲)
  • 基礎演習D(ドイツ歌曲)
  • 室内合唱Ⅰ,Ⅱ(合唱指導)
  • 総合演習A,B
  • 音楽著作権論
  • メディア産業論
  • ハーモニーⅠ,Ⅱ
  • 作品分析Ⅰ,Ⅱ
  • 専攻実技Ⅶ,Ⅷ
  • 卒業演奏
  • 音楽企画概論
  • 特別舞台演習
教養科目 ドイツ語Ⅰ,Ⅱ╱イタリア語Ⅰ,Ⅱ╱ポピュラー音楽╱情報リテラシーⅠ,Ⅱ╱著作権╱ドイツ語圏文化論╱ドイツ語Ⅲ,Ⅳ╱人間と色彩╱ジャズ史概説╱演劇と舞台芸術╱音楽と社会╱音楽美学╱日本音楽史╱諸民族の音楽
キャリア関連科目 基礎就業力養成ゼミナールA,B,C╱芸術職業論╱キャリアと自己形成╱音楽キャリアデザインⅠ,Ⅱ╱インターンシップⅠ,Ⅱ

目指す進路

音楽表現学科・声楽専攻・目指す進路

プロの声楽家として活躍する道だけでなく
音楽指導者や演劇活動など活躍の舞台は多彩

あらゆる舞台表現の基礎となるのがクラシックです。表現者として、あるいは指導者として活躍している実力派の多くは、クラシックから学びをスタートしています。本コースでは、一対一のレッスンで着実に技術を高めながら、将来の表現活動を支える実力を身につけていきます。4年間を通して築き上げた確固たる基礎力を軸に、歌い手、ミュージカル歌手、ナレーター、俳優などの表現者、ヴォイストレーナーなどの指導者だけでなく、声楽専攻の知識を活かして、コンサート・プランナー、音楽プロデューサーとしての活躍も期待されます。

目指す仕事

声楽家

本格的なヴォイストレーニングを受け、技能のうえに表現力が備わってから、初めてヴォーカリストとして活躍することが可能となります。ヴォーカリストにとっては自分の肉体そのものが楽器であり、喉が命のため、健康管理・自己管理がしっかりできる人に声楽専攻は向いています。

  • コンサート・ソリスト
  • コンサート・プランナー
  • オペラ・ミュージカル歌手
  • 中学校・高等学校音楽教員
  • ヴォイストレーナー
  • ステージ・マネージャー
  • 合唱指揮者・指導者
  • 舞台スタッフ
  • 音楽プロデューサー
  • シンガーソングライター
  • 音楽雑誌記者
  • コンサートプロモーター

取得を推奨する資格

  • 中学校教諭一種免許状【音楽】
  • 高等学校教諭一種免許状【音楽】
  • ヤマハ大人の音楽レッスン講師資格

卒業生の就職先

  • (株)プリマ楽器
  • (株)石橋楽器店
  • (株)ジュピターテレコム
  • (社)成仁医院
  • ELBEC 教育図書センター(株)
  • (株)ライトオン
  • (株)創造教育陵南セミナー
  • ヤマト電機(株) など

先輩メッセージ

音楽表現学科・声楽専攻・先輩メッセージ

毎日の積み重ねは必ず成果に繋がるという自信を大学時代に得られたからこそ、今の自分がいます。

声楽家
石川和樹 東京都 明星学園高校出身 2015年3月 音楽表現学科卒業

本格的に声楽を学ぶことで、歌うことの基礎をしっかりと身につけたいと思い、尚美学園大学の声楽コースへ入学しました。ただ、自分のパートが高い音域を担当するテノールだったこともあり、入学当初は出ない音ばかりであせった時期もありました。しかし、先生から「周りにとらわれず、自分のぺースでやりなさい」とアドバイスをいただきながらレッスンを受け、コツコツと練習を積み重ねていくうちに、次第に音域も広がっていきました。今まで出なかった音が出るようになるようになった瞬間は、とても嬉しかったですし、声楽家を目指す際の自信にも繋がりました。現在は市民オぺラや合唱団などに参加し、声楽家として活動するかたわら、学校の教員として子どもたちの指導にあたっています。実際に子どもたちに指導してみて、声楽コース在学中に先生方が教えてくださった発声練習などの大切さに改めて気がつきました。今後は様々な活動や指導を通して声楽のスキルを磨きながら、20代のうちに海外へ出て、自分の力を試してみたいと思います。