尚美学園大学 SHOBI UNIVERSITY
尚美学園大学 公式twitter
教育実習

教育実習

教育実習について

教育実習

教育実習は、教員免許状取得のための必修科目であり、大学での教職課程履修の集大成といえるものです。実習先の中学校・高等学校において、教科指導(教材研究、学習指導案作成、授業等)、生活指導・特別活動(学級・生徒会・クラブ活動等)を中心に、学校行事、学級管理・運営など、幅広い教育活動に携わります。

教育実習の時期と実習校

教育実習は、4年次に行いますが、以下の原則に従ってください。

  1. 教育実習は、原則として皆さんの出身校(中学校または高校)で行います。
    3年次の春学期までに、各自で出身校に受け入れを依頼していただきます。
  2. 教育実習を実施するには、「本気で教員になることを目指していること」、「教員採用試験を受験すること」等の要件が問われます。このように、教育実習の実施には「教員志望」の強い意志が必要となりますので、この点も含めて教職課程の履修は真剣に考えてください。

教育実習の許可条件

本学では、教育実習を許可する上で2年次終了時及び、3年次終了時に下記の条件を定めていますので、1年次から計画的に履修をしてください。

年次 許可条件 その他の条件
2年次終了時 「教職に関する科目」のうち、2年次までの開講科目を修得していること。3年次に進級できること 音楽表現学科では、教職ピアノ(副科ピアノ)I~IVも修得していること。
3年次終了時 「教職に関する科目」のうち、3年次までの開講科目を修得していること。 総合政策学科・ライフマネジメント学科・音楽表現学科では、「介護等体験」も終了していること。総合政策学部では教科に関する科目の必修科目を修得していること。

※ 途中から教職課程履修を始めた者については、別途指導を行います。